日本のように、世界的に見ても立派なトイレをもっている国では、トイレでのトラブルというと、携帯電話などを落としてしまったり、うっかり水に溶けにくいトイレットペーパー以外のものを流してしまったりといったことくらいしか起こらないと考えられるようになってきているかもしれません。しかし、意外と多いのが、トイレのつまりです。つまってしまったトラブルのもとがわかっていると、つまり解消もスムーズにできるかもしれません。


たとえば、お子さんがおもちゃを流してしまったというときには、流してしまったおもちゃの大きさからして、そう奥までは流れないだろうと判断することができます。そこで、つまり解消の方法としてチャレンジしたいのが、給水ポンプです。トイレの奥深くまで進んでいないおもちゃを取り出すなら、給水ポンプでも取り出し可能かもしれませんし、すぐ見える位置にある場合には、手袋などをはめて気をつけながら手で取り出すという方法も可能です。


次に、トレイの水を流す配水管などの長さよりも、小さいサイズの物を流してしまったとき、あるいは何でつまっているのかわからないというときには、給水ポンプなどで試した後に、つまり解消されないとなれば、早めに専門業者に連絡をしましょう。少々のつまりであれば、少し使い続けていれば解消することもあるようですが、目に見えてつまりが解消されていないと感じるならば、早めにつまり解消を業者に連絡したほうが得策になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 原因から、トイレのつまり解消
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
原因から、トイレのつまり解消トイレのつまり解消マニュアル