トイレがつまったら、業者に電話する前に、まず自分でやれるだけのことをやってみましょう。業者を頼むと絶対につまり解消を解決してくれるという安心感はありますが、電話して駆けつけてくれるまでに時間がかかりますし、人一人派遣してもらうので、その分、お金もかかります。トイレのつまり解消を自分でするには、「すっぽん」ともいわれる、あのラバーカップを試してみてください。ホームセンターなどで売っていますので、1つ備えておくといざという時に便利です。


ラバーカップは、柄の先にゴム製のカップがついたとてもシンプルな道具ですが、その実力はすごいです。トイレの吸い込み口にスポッと当てて2、3回、パコッ、パコッと押して引いてやれば、ゴボゴボゴボッと音を立てて水が流れ、つまりが解消します。我が家でも、子どもがトイレットペーパーを一度にたくさん流し過ぎてトイレが詰まったことがあります。汚物が混じった水が便器いっぱいに溜まってきて、もう少しであふれるのではないかと思いました。


その時、たまたま夜だったので業者を頼むのも気が引けたため、急いで24時間スーパーに行ってラバーカップを探しました。購入して実際にやってみると、驚くほどカンタンにトイレのつまり解消ができたのです。これをやってもダメだったら、専門の業者に電話しようと思っていたのでホッとしました。ラバーカップの包装には使い方も丁寧に説明されているので、誰でも簡単に作業できると思います。トイレがつまっても慌てないこと。そして、できることはまず自分でやってみること。それでも手におえない場合は、業者に電話する。それが一番いいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
トイレのつまり解消には、まず、原始的なラバーカップを試してみましょう。トイレのつまり解消マニュアル